DIESEL FW21
ADVERTISING CAMPAIGN多彩色のスーパーマーケットで描く大量消費主義への疑問

ディーゼルの2021年秋冬広告キャンペーンは私たちを多彩色のスーパーマーケットの世界へと誘います。洗濯洗剤、缶のスープ、パンなどのカラフルな架空の雑貨や特売札に溢れた普遍的な消費生活が映し出されていますが、すべてディーゼルブランドという皮肉な展開があります。
唯一の選択肢がディーゼル製品というヴィジュアルストアを通じて、物理的に選択肢が飽和している現代の大量消費社会に話題を提起し本質を覆し、からかうというディーゼルらしいアイロニーが描かれています。誇張したイコノグラフィーが遊び心とポップなインパクトを増幅させます。

Credits:
Diesel Creative Director: Glenn Martens
Art Director: Christopher Simmonds
Photographer and Director: Johnny Dufort
Stylist: Ursina Gysi
SEE MORE CAMPAIGN ITEM