join

BACK

南郷真美さん
リテール営業1部 - 2004年入社

「販売職を経て見えてきたのがリテール営業というキャリア。営業職とはいえ、スーツ着用の規則がないのもうれしい。好きなコーディネートを楽しんでいます」

入社以来、販売職に就き、店長も経験。後輩が成長していく中で、ここディーゼルで次のステージを見つけたいと思うようになりました。店舗で培った経験を活かしながら、専門特化するのではなく、いろいろなコトや人に関わっていく仕事をしたい。自分の強みは何だろう。そんな思いを抱きながら上司に相談したら、「南郷の良いところはバランスが取れていることだよ」という答え。この言葉に背中を押され、思い切って社内公募に手を挙げ、店舗と人に幅広く関わっていける営業職へ。日々の仕事は担当エリアの店舗を巡回し、売上げアップに向けた取り組みを提案すること。店長やスタッフと対面で話合い、店舗の課題についての相談を受けたり、こちらから提案したり。百貨店内に出店している店舗であれば、百貨店側の担当者と催事の交渉・調整も行います。人や店舗を育てる仕事はすぐに結果が出なくても、少しずつ売上が上がるなど、成果を実感できます。そんなときはすごくうれしいですね。担当している店舗が評価されるのは営業職にとっての大きな喜びですから。
営業職に就いた2015年、社内表彰制度「ディーゼルアワード」で個人賞を受賞。ブランドの創業者も参加するディーゼル ブラック ゴールドのショーをニューヨークで見学するという、ちょっと夢みたいなプレゼント付き。ショーの感想は、もう「アメージング!」の一言。これから海外にも関わっていくチャンスがあるのではと真剣に感じた瞬間です。結婚、出産など、人生は選択の連続ですが、産休明けに復帰し、時短勤務を続けている先輩もいます。私もディーゼルで長く自分らしくキャリアを重ねていきたいですね。(取材執筆:楠田純子 マイナビより転載)

岸孝哉さん
DIESEL OSAKA - 2011年入社

「就活を進めていたとき、スタッフが一番輝いていたのがディーゼルでした。接客では、誰にでも合う服ではなく、そのお客様にしか合わないものを提案しています」

ディーゼルは多くのファッション誌に掲載されている人気ブランド。リーズナブルな商品ではないからこそ、商品の価値とブランドの魅力を伝える接客に挑戦できる。ここにやりがいを感じて入社しました。入社以来、販売職を経験し、2017年4月から接客販売に特化した販売専任職を担当。店舗の売上げと自分自身の接客で得た売上を評価される仕事です。
接客で大切なことは「商品を売る努力」ではなく、お客様を知ること。たとえば、なぜその服を探しているのか、どんなシーンで着るのか、家ではどんな服を? 仕事はスーツ着用か、それともカジュアルでOKなのか…。フランクな会話を通して、お客様のライフスタイルを細かく知り、的確なコーディネートの提案につなげています。お客様から名指して接客を依頼されることも多く、やりがいを感じるときは多いですね。ディーゼルはデニムという主力アイテムがあります。加工や形など、どれをとっても他のブランドに負けていない。デニム以外の商品もディテールに凝っていて、自信を持ってお勧めできるデザインやクオリティが揃っています。これは販売職としてはうれしいですよ。
ディーゼルという会社の魅力をひとことで言えば、「社員の個性を受け入れてくれる会社」。世の中には、会社に行くのが苦痛という会社員は多いかもしれませんが、私は一度もないですね。好きなこと・楽しいことを仕事にしたい人は、ぜひディーゼルに来て欲しいと思います。(取材執筆:楠田純子 マイナビより転載)

今村洸太さん
DIESEL ACCESSORIES STORE ピオレ姫路店 - 店長 - 2011年入社

ディーゼルにはバッグやシューズ、時計などのファッションアイテムに特化した店舗もあります。

私は入社1年目からそれらのアイテムを扱うDIESEL ACCESSORIES STOREに配属。最初は西宮店で4年半ほどスタイリストとして接客販売を経験し、その後、店長昇格と同時に現在のピオレ姫路店へ異動となりました。
DIESEL ACCESSORIES STOREはショッピングモール内の店舗ですので、ディーゼルというブランドを知らないお客様もお買い物のついでにご来店されることがよくあります。若い方からご年配の方まで客層が幅広いことも特徴ですね。西宮店にいた頃から私がこだわってきたのは、ご来店されるお客様お一人お一人の気持ちをくみ取って対応すること。中には店員が近寄ってくることを嫌がるお客様もいらっしゃるので、様子を見ながらその方に合った接客を考え、そのうえでいかにブランドや商品の魅力をお伝えするかを工夫してきました。そうした取組みの結果、ディーゼルアワードのアクセサリー部門で個人売上1位を3回連続で受賞。私が早い段階で店長に昇格させていただいたのも、こうした実績が評価されてのことだと思います。
ピオレ姫路店の店長となった現在は、販売もしながら部下の育成や店全体の売上管理などマネジメントにも取り組んでいます。スタッフには常に目標意識を持つように伝えていますが、接客スタイルは個々の自由に任せています。皆には楽しく仕事をしてもらいたいという想いがあるので、のびのびと働けるような雰囲気づくりにもこだわっています。
また、店内のディスプレイや商品ラインナップなどの“店づくり”も店長の仕事。売れ筋や客層を分析して打ち出すアイテムを変えるなど、状況に応じて臨機応変に戦略を立てています。スタイリスト時代は自分のことだけ考えていれば良かったのですが、店長となった今は自分より部下や店全体のことを考えるようになり、視野も広がりました。人を育てることは難しく大変ですが、その分チーム全体で目標を達成するという大きな喜びも感じています。実際にピオレ姫路店はアワードの店舗部門で2年連続1位を獲得!これも皆が頑張ってくれたおかげだと思います。今後も賞を取り続けて過去の自分たちを超えていくことが当面の目標。ゆくゆくは営業として、より大きな視点からディーゼルというブランドを育ててみたいですね。(取材執筆:野上美穂 マイナビより転載)

井上彩香さん
DIESEL ACCESSORIES STORE 阪急うめだ本店(WOMENS) 2013年入社

DIESEL OSAKA、ACCESSORIES STORE 近鉄あべのハルカス(WOMENS)、ACCESSORIES STORE 阪急うめだ本店(WOMENS)を経て、社内公募に応募し、本社の販促企画部へ異動。

最初に配属されたDIESEL OSAKAは旗艦店で、スタッフも30人ぐらいの大きな店でしたが、次に行った店は3人。正直、自分はあまり認められていないのかなと感じましたが、それは違っていて、小さな店には小さな店にしかない良さがありました。まず、商品は大型店の何十分の1しかありませんが、ひとつの商品に対する知識が広がること。そして、商品はバッグや靴の小物だけだったので、洋服がない分、洋服のことをより深く勉強してコーディネートに生かしていました。接客スキルは、そこで上がったかなと思います。
今は、本社のTRADE&RETAILという部署に異動したばかりです。この部署の仕事を知ったのは、3年前。販売の仕事をしていた時に、この部署が販売促進の企画などをしていることを知り、「私のしたい仕事は、この部署にある。この部署へ行きたい!」と当時の店長に言いました。私が企画したり、ものを作ったりすることが好きなことを知っていた店長は、「うん、合っていると思うよ!」と背中を押してくださりました。2018年、そのポストの社内公募があり、すぐに応募。かなりの競争率だったそうですが、書類や面接で自分をアピールし、希望が通りました。今は、店舗での経験を生かしつつ、経験してみたいこともたくさん出てきそうな環境に日々ワクワクしています。

ディーゼルの魅力は、人がいいところ。上司に思ったことをストレートに伝えても、受け止めてくださいます。社内公募に応募したときも、本社などからもいろんな方が「頑張れよ!」と励ましに。私が、あまりにも受かる気満々でいたので、逆に心配してくださり、「受かった気でいるらしいけど、大丈夫か?落ちたとしても、井上が悪いんじゃないからな」と、落ちたときを想定し、慰めてくださいました(笑)。そんな風にいつも見守ってくれる雰囲気が大好きです。(取材執筆:山本啓美 マイナビより転載)

今川怜さん
DIESEL ルクア 2013年入社

販売職を経験し、実績が評価され、入社6年目に販売専任者に。お客さまに感謝の気持ちをサンクスレターで伝えるなどコミュニケーションを図る。

お客さまがいるから、今の自分がある。販売に特化した店長をめざす。
ディーゼルは、ずっと憧れのブランドでした。高校生の頃、小遣いを貯めてアメ村の店へ行き買ったデニムは、今でも大切にしています。念願かなってディーゼルで働けるようになり、配属されたのはルクア店。周りのスタッフたちは、ものすごいプロ集団で、学ぶことが多く、こういう人になりたいと目標もたくさんできました。自分はまず販売を頑張ろうと思い、努力し続けてきた結果、2018年3月に販売専任者に。販売専任者は、1000人のスタッフのうち50人ほど。販売のプロとして認められた集団で、売上の実績などが評価される仕事です。
僕は、お客さまのことを第一に考えてきました。「ありがとう」という言葉が好きで、自分が感謝の気持ちをいつも持っていれば、お客さまにも伝わり、お店にも来てくれると信じてきました。今はネットで何でも買える時代ですが、ディーゼルはお客さまが「あの人から買いたい、あの人に会いたい」と人で選んでくださるブランド。僕は接客が好きなので、販売に特化した店長をめざしています。自分の得意なことを後輩にも伝えられる存在になりたいですね。

接客を好きになった原点は、最初のお客さま。奥様が娘さんと一緒に、ご主人の誕生日プレゼントを買いに来られたのですが、ディーゼルにお越しいただいたのは初めてで、どんなブランドかもご存知ありませんでした。入社間もなかった僕は、まだまだ自信を持って商品をおすすめすることができず、仲良く相談しながら、自分も買い物をするような感覚で一緒に選びました。
その際のお礼のお便りを出してから半年後、ご主人がセーターをお気に召されたとのことで、今度はご主人のためにクリスマスプレゼントを買いに来てくださったのです。3度目には、ご主人も来てくださり、「ディーゼルをすごく好きになりました。これからもよろしく!」と仰っていただいて、それ以来現在に至るまでずっと店舗にお越しいただいています。これは接客業だからこそ体験できる、うれしいこと。最初の接客があったからこそ、今があると思っています。(取材執筆:山本啓美 マイナビより転載)

本田香織さん
人材採用部 2012年入社

DIESEL なんばパークス、OSAKAで販売職を経験。2017年、社内公募制度に応募し、人事本部へ異動。現在は主に新卒採用を担当している。

伝えたいのは、販売の仕事をする魅力。一人でも多くの人にディーゼルという会社を知ってほしい。
入社してから販売職に就き、3年ぐらい経った頃から新人の教育も担当。後輩たちと接するうちに、みんながディーゼルに入社してきた理由って何なのだろうと思ったのが、人事に興味を持った最初のきっかけです。それから、面接に関心を持つようになり、みんながどういう思いで当社に応募してくれているのかを知りたくなりました。人事は、会社の顔。一人でも多くの人にディーゼルという会社を知ってもらいたい。そんな思いで、2017年夏、社内公募制度に応募しました。
それまで人事本部へ店舗スタッフが異動した前例はなく、また私には店長の経験もなかったため、ダメ元での応募。ですから、願いが叶ったときには本当に驚きました。人事本部で初めての店舗経験者ということで、新卒の学生に向けて、より販売の仕事が伝わりやすいという点が期待されたのだと思います。

学校の企業説明会や合同説明会では、自分が店舗で働いていた頃の経験をお話しています。お客さまとのエピソードを通じて、販売の魅力を伝えたいからです。2018年に初めて面接を担当しましたが、「説明会で本田さんの話を聞いて、ディーゼルを受けようと思いました」と言ってくれる学生さんがいて、それを聞いた時には一番やりがいを感じました。まだ本社で仕事をしてからの経験が浅いので、とにかく新卒採用の仕事については一つでも自分一人でできるようになることが今の目標。今後も人事採用担当者として、頑張っていきたいと思っています。(取材執筆:山本啓美 マイナビより転載)