EXHIBITION
CONCEPT
/
BIOGRAPHY
/
VIEW WORKS
/
INFORMATION
/
INSTALLATION IMAGES

GLAZED PARADISE

MARK JENKINS & MIHO KINOMURA

MAY 24, 2008 – AUG 15, 2008

CONCEPT

Glazed Paradise (光沢のある一瞬のパラダイス)

今回のインスタレーションは観客が夢中になるような不思議な世界を演出します。観客は夢のような現実の世界に参加し、ハイパーリアリズムという至福の世界に引きつけられていくことでしょう。今もっとも世界で注目されているインスタレーションアーティストMark Jenkinsの日本での初めての展覧会。フィルムディレクターの木之村美穂がディレクションするMarkのメイキング映像も見逃せない。

BIOGRAPHY

  • Mark Jenkins (マーク・ジェンキンス)

    www.xmarkjenkinsx.com


    マークジェンキンスはパッキングテープを使い彫像作品を作るアメリカのインスタレーションアーティスト。 彼の作品の特徴として男性、女性、子供、赤ちゃん、きりん、犬、アヒルなど様々なジャンルのモチーフ達をパッキングテープで作り上げる。彼の作品の代表作としては人を逆さになってゴミ箱の中に突き刺さっているユニークな作品がある。彼の作品は都心の街並やストリートや、自然の中などで見る事ができ、屋外作品としては、ビルの外壁や壁に取り付ける事もあれば、インサイドのカフェの中、高校のロッカールーム、トイレなどユニークな場所でも見られる、 彼の作品はギャラリー内でも展示をしている。彼の作品は世界中で見られ、今までにニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、サンパウロそしてベツレヘムでインスタレーションをしている。今回の青山Diesel Gallery の展覧会は彼にとっては初めての日本上陸となる。

  • Miho Kinomura (ミホ・キノムラ)

    www.studiodoginc.com


    木之村 美穂はロサンゼルスをベースとし、現在東京とロサンゼルスを行き来するクリエイティブディレクター/フィルムディレクターである。日本でファッションデザイナーとしてキャリアを積み、その後ニューヨークへ渡りファッション専門のプロダクション会社STUDIO D.O.G.INC.をたちあげる。プロデューサー&フィルムディレクターとして資生堂、パルコ、スワロフスキーやビームス等ファッション関連の広告を数多く手がける。 今回はMark Jenkinsとの初めてのコラボレーションとして展覧会のスタートから完成までのメイキングムービーをディレクションする。

VIEW WORKS

タイトル
Glazed Paradise (グレイズド・パラダイス)
アーティスト
Mark Jenkins & Miho Kinomura
(マーク・ジェンキンス & ミホ・キノムラ)
会期
2008年5月24日(土) - 2008年8月15日(金)
会場
DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA 2F
キュレーター
STUDIO D.O.G.INC
キュレーター
STUDIO D.O.G.INC
1990年にニューヨークでスタートしたファッション専門のプロダクションカンパニー。現在はロサンゼルスをベースに独自のグローバルなネットワークを使い、世界中の優秀なクリエイター達とコラボレーションをしてきた。
活動の幅は幅広くファッション広告やCM/PVなど映像からグラフィックの世界で数多くのクリエイティブ作品を創りだしている。Parcoの広告ではVincent Gallo を起用し、Vincent本人に初めて日本のCM演出/出演を企画、日本でのVincent Gallo ブームを作り出す。Parco Galleryでは世界的有名な女性フォトグラファーEllen Von Unwerth の写真展とCMをコラボさせ話題になる。2006年、Beams 30th特別企画では、クリエーティブパートナーの荒尾犬帥と共に、UKのカリスマフォトグラファー、Nick Knight率いるSHOW STUDIOと、原宿で3日間、日本人1500人のスタイルを公開フォトセッションし、WEB で世界に発信するイベントTokyo Style clash " Hot or Not "を実現させるなど、話題の企画を世に送り出している。

INSTALLATION IMAGES

Photo : SHUSUKE TAKAHASHI

Photo : SHUSUKE TAKAHASHI

Photo : SHUSUKE TAKAHASHI

Photo : SHUSUKE TAKAHASHI

Photo : SHUSUKE TAKAHASHI

Photo : SHUSUKE TAKAHASHI

Photo : SHUSUKE TAKAHASHI

Photo : SHUSUKE TAKAHASHI

Photo : SHUSUKE TAKAHASHI

Photo : SHUSUKE TAKAHASHI