<div class="module-3__title"></div>

DIESEL PLANET

-会社概要-

1978年の会社設立以来、ディーゼルはデニムとカジュアルファッションの分野をリードし続け、

それまでのラグジュアリーマーケットともカジュアルマーケットとも異なる

「プレミアム・カジュアル・ウェア」というカテゴリーを築きあげました。


同時に「ライフスタイルブランド」として、日々ディーゼルの世界観を味わえる商品を幅広く展開し、

今ではホームコレクションを発表するなど多方面で活発に取り組んでいます。

1978年の会社設立以来、ディーゼルはデニムとカジュアルファッションの分野をリードし続け、それまでのラグジュアリーマーケットともカジュアルマーケットとも異なる「プレミアム・カジュアル・ウェア」というカテゴリーを築きあげました。


同時に「ライフスタイルブランド」として、日々ディーゼルの世界観を味わえる商品を幅広く展開し、今ではホームコレクションを発表するなど多方面で活発に取り組んでいます。

COMPANY

<div class="module-11__title"></div>


ディーゼルのDNAとは、「勇敢であること」



不可能に見えることにも常に挑戦し続け、人をあっと言わせるようなものを創りだすこと。そんな情熱と創造性のベースにあるのがチームワークと自由な発想です。


さまざまな文化的背景を持った革新的で才能豊かなデザイナーを世界中から集めたスタッフ構成は、この理念を反映したものです。多彩なディーゼル・クリエイティブ・チームの自由な発想から生み出される、ディーゼルの革新的なコレクションは、毎シーズン新しいデザインで構成され、デニムをはじめメンズ、ウィメンズのウェアから、シューズ、バッグ、アクセサリーに至るまで実に幅広いアイテムを展開しています。


ディーゼルの「人材」や、従来の枠にとらわれない経営方針は、ユニークな事例として数々の雑誌や新聞、テレビのドキュメンタリー番組などで取りあげられ、国際的な大企業やコンサルティングファーム、大学、ビジネススクールでも広く研究されています。


ディーゼルはレンツォ・ロッソがオーナーを務める、グローバルファッショングループ「OTB」の傘下にあり、ディーゼルの関連会社には「Maison Margiela」、「Viktor&Rolf」、「Marni」、「Amiri」、「Jil Sander」そして「Staff International」と「Brave Kid」があります。 


ディーゼルはイタリア北東部のブレガンツェに位置する本社を拠点に、現在80カ国以上でディーゼルストアを展開しています。



DIESEL JAPANについて

会社名: ディーゼルジャパン株式会社

所在地: 〒542-0076 大阪市中央区難波5丁目1番60号 なんばスカイオ 25F TEL: 0120-55-1978

事業内容: DIESEL / DIESEL KID 他、DIESEL関連製品の輸入および販売

HISTORY
#

RENZO ROSSO


レンツォ・ロッソ

DIESEL 創始者 - OTBグループ会長


1955年イタリア北東部パドヴァ生まれ。1978年に「DIESEL」を設立。 ユニークなビジネスセンスで驚異的な成長と拡大を遂げDIESELを牽引。 DIESELをはじめ、「Maison Margiela」、「Viktor&Rolf」、「Marni」、「Amiri」 「Jil Sander」そして「Staff International」と「Brave Kid」を傘下に収める グローバルファッショングループOTBのオーナーも務めます。 

2005年には50歳を迎えた記念に、自身のバイオグラフィーやディーゼルの歴史、将来のビジョン、現在に至るまでのアイディアや考え方が鮮明に書かれた本、「FIFTY」を発表。これまでに各国で数々の賞を受賞し、企業家としても注目されています。


レンツォ・ロッソは夢を追い求める情熱的な人物で、自らのモットーをこう語っています。


「ディーゼルは私の会社ではない、私の人生そのものである」

AWARDS

COLLECTION

<div class="module-11__title"></div>

DIESEL

CHECK
<div class="module-11__title"></div>

DIESEL KID

CHECK

LIFESTYLE

<div class="module-11__title"></div>

独自のアイディアで革新的なライフスタイルを提案するディーゼルは、日常生活の中で「DIESEL」の世界観を味わえるコレクションを幅広く展開しています。

また、ディーゼルは、ファッション、音楽、アートなどさまざまな分野での取り組みも活動的に行っています。

CHECK

COMMUNICATION


1991年にスタートしたディーゼルの広告キャンペーンは、強烈なビジュアルとそのユニークな手法が話題となり、ディーゼルが世界的に知られるきっかけにもなりました。消費者のみならず、広告業界でも高い評価を受けたディーゼルの広告キャンペーンは、カンヌ国際広告祭のグランプリ、金賞をはじめ、ユーロベストのグランプリ、金賞やエピカの金賞など、これまでに数多くの賞を受賞しています。また、1998年にはその年広告界で最も輝かしい功績を残した人に贈られるカンヌ国際広告祭の「アドバタイザー・オブ・ザ・イヤー」をレンツォ・ロッソが受賞しました。



1995年にウェブサイト(www.diesel.com)を開設したディーゼルは、ファッションブランドとしてはいち早くインターネットに着目した企業といえます。2007年にはディーゼルのインタラクティブキャンペーン「HEIDIES 15MB OF FAME」がカンヌ国際広告祭のサイバー部門グランプリ、2008年にはディーゼルキッズのオンライン・ムービーがエピカのインタラクティブ部門金賞、2009年にはブランド誕生30周年イベントのバイラルキャンペーンのオンライン・ムービー「DIESEL XXX SFW」がカンヌ国際広告祭のサイバー部門金賞をはじめ、Webby Award、D&AD賞、BTAA(British Television Advertising Award)など数々の賞を受賞しました。



ディーゼルはインターネット以外にもさまざまな分野に積極的に取り組んでおり、これまでに、「デジタルアドレナリン-55DSL」、「G-ポリス I & II」、「シャドウマン」、「エクストリーム GII」、「55DSLエクストリーム・スポーツ」、「ドライバー2」などのテレビゲームやDVDが制作されました。また、CAPCOMのアクションゲーム「DEVIL MAY CRY 2」とディーゼル、エレクトロニック・アーツ(EA)のストリートレーシングゲーム「ニード・フォー・スピード カーボン」と55DSLのコラボレーションも実現し注目を集めました。このような新たなメディアの取り組みは業界でも高く評価され「BIMA(British Interactive Media Awards)」、「デザイン・ウィーク・メディア」、「カウンシル・デザイン効果賞」など多くの賞を受賞しています。



2017年には広告キャンペーン「GO WITH THE FLAW」の映像がヨーロッパにおける優れたクリエイティブを表彰する「ユーロベスト」フィルムクラフト部門のグランプリを受賞。2018年には「DIESEL GO WITH THE FAKE」、「GO WITH THE FLAW」、「KEEP THE WORLD FLAWED」の3つのキャンペーンが世界最大級の広告賞「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」において13の賞を、また世界最高峰の広告コンクールのひとつであるクリオ賞にて7つの賞を受賞。デジタルカルチャーをテーマに社会の風潮に対してメッセージを投げかける広告展開が脚光を浴びています。

SUSTAINABILITY

<div class="module-11__title"></div>

ディーゼルは「FOR RESPONSIBLE LIVING(責任ある生き方)」というサステナビリティ戦略を掲げ、人々と環境に配慮した取り組みを行っています。

CHECK

商品を削除しますか?

次の商品を買い物カゴから削除しますか?

Select language

日本語