back

DIESEL PLANET

THE FASHION PACT

DIESELがファッション協定(THE FASHION PACT)に参加

2020年2月13日、ブレガンツェ(イタリア)。先日のミラノメンズファッションウィーク期間中の「For Responsible Living (責任ある生き方)」戦略の発表に続き、DIESELは本日、環境目標に取り組むファッションブランドの地球規模の同盟であるファッション協定(The Fashion Pact)に参加したことを発表し、ブランドのコミットメントにおいてさらなる一歩を踏み出しました。

2019年4月、先進7カ国首脳会議(G7)に先立ち、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、Keringの会長兼最高経営責任者であるフランソワ・アンリ・ピノーに、Science-Based Targets(SBT※)イニシアティブに基づき、業界の環境への負荷を削減するという共有の目標を設定することを目的に、ファッション・繊維業界におけるリーダーを招集する任務を与えました。63のファッション協定署名国は、気候、生物多様性、海洋という3つの分野において、実践的な目標を達成することを表明しています。

DIESELの創始者および親会社であるOTBの会長であるレンツォ・ロッソは、次のように述べています。「ビジネスのやり方を変えるには、協力が鍵です。私はイタリアのサステナビリティに関する対話を前進させるため、イタリア・ファッション協会(Camera Nazionale della Moda Italiana)と長い間共に活動してきましたが、世界中にある業界の足跡を認識しています。私はDIESELを、尊敬と責任という価値観に基づいて創設しました。私たちの最大の任務の一つは、サステナビリティ文化を組織全体で作り出すことです。私はファッション業界と地球の未来は、共通の目標の下で団結し、次世代により良い世界を残すための明確で実行可能な手段を設定することにあると信じている出資者と、共に働くことを楽しみにしています」

DIESELの「For Responsible Living (責任ある生き方)」サステナビリティ戦略は、「Be The Alternative(代替策の模索)」、「Stand For The Planet(地球のために戦う)」、「Celebrate Individuality(個性を讃える)」、「Promote Integrity(模範の促進)」という4つの重要な柱とコミットメントに基づいています。その発表と着手は、ファッション協定の目標に沿った意義深い旅の始まりを示し、またDIESELは今後数ヵ月の間に、次世代への責任あるビジネスへのコミットメントを実証するために、測定可能な目標を明示し、持続的、公的に進捗状況を追跡します。

ファッション協定
ファッション協定の目標は、地球を守るための3つの重要な分野の活動に重点を置く、Science-Based Targets (SBT※)イニシアティブに基づいています。
  • 地球温暖化の阻止:2050年までに温室効果ガス排出をゼロにするという目標を達成するためのアクションプランを作成、実行することにより、現在から2100年までの気温上昇を1.5度未満に抑える
  • 生物多様性の復元:自然生態系を復元し、種を保護するために、SBTに基づいた目標を達成
  • 海洋の保護:使い捨てプラスチックの使用を段階的に廃止するなど、実践的な取り組みを通じて、ファッション産業が世界の海洋へ与える悪影響を削減

これらのコミットメントは、関係するすべての企業に受け入れられるようにデザインされており、イノベーションアクセラレータの展開と共に、分野横断的なイニシアティブにより支援されています。
国家と協力して働く民間企業は、地球を守る上で重要な役割を担っています。ファッション協定と共に、前例のない活動に着手するため、ファッション・繊維業界におけるリーダーが初めて協力しています。その性質上、集合的な取り組みであるファッション協定は、ファッション・繊維業界の実務を根本的に変え、今世紀の環境問題に対処したいと考える全ての企業にオープンです。

※ SBTイニシアティブの目的は、温室効果ガスの排出を削減するという企業の目標を、気候科学者が提供するデータと一致させることです。

ディーゼルのサステナビリティ活動のニュースはこちら
CHECK