null

Super Silhouette

Erin D. Garcia
AUG 13, 2022 - NOV 10, 2022
<div class="module-3__title"></div>

LA拠点アーティスト・Erin D. Garcia(エリン・ディー・ガルシア)が、

5年ぶりに東京での個展をDIESEL ART GALLERYにて発表

DIESEL ART GALLERY(ディーゼル・アート・ギャラリー)では、2022年8月13日(土)から11月10日(木)まで、LAを拠点に活動するErin D. Garcia(エリン・ディー・ガルシア)による個展「Super Silhouette(スーパー・シルエット)」を開催します。

 

ガルシアは、ミュージシャン、プロデューサー、作曲家として数年間ツアーに参加した後、2012年に開催した個展からアーティストとしてのキャリアをスタートさせました。その後、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ロンドン、ベルリン、東京など世界各国で作品を精力的に発表してきました。

ガルシアが描く伸びやかなドローイングは、色とラインが何層にも重なる反復によりシェイプを表していきます。一見するとシンプルに見えるシェイプも、彼独自に調合した数々のカラーパレットと空間に対して大胆にストロークするプロセスにより常に予定調和を超えたものとして浮かび上がります。

 

本展のタイトルにある「Super Silhouette」は、彼が描くその超越するシルエットを示している一方で、かつて80年代後半〜90年に流行ったモータースポーツ用の改造車からインスピレーションを受けたものになります。「スーパー・シルエット」と呼ばれた車は、市販の量産乗用車のシルエットを残したまま、中身だけ競技に耐えうるよう無制限に改造するという美学を持っていました。これまでもガルシアは、個展のタイトルに「Grand Prix」や「Skyline」などカーレースに因んだ名前をつけてきましたが、そのスピード感のある力強い言葉のイメージから私たちがいま目の前で見るガルシアの作品を想像するまでには距離を感じるかもしれません。その想像のギャップは、例え可視化されたシルエットや手法が存在していたとしても、中身はとらわれることなく自由自在につくれるといったガルシアの制作スタイルそのものを表しています。今回発表される新作は、花、植物、果実など具象的なモチーフが度々登場し、静物画の構成を感じさせます。しかしそこに描かれる「静」は、まるで見た目と異なり速さを持った「スーパー・シルエット」のように、彼が扱う繊細な筆遣いにより、躍動した流れの一部を切り取った「静」にも感じられるのです。

 

本展覧会では、40点以上の新作の展示・販売をはじめ、アート・キャンディ・ショップ「パパブブレ」とのコラボキャンディが展覧会限定で販売されます。また「Super Silhouette」展を記念して、DIESELとコラボレーションによる商品や、展覧会限定の待ち受け画像のプレゼント企画も登場します。



「Super Silhouette」に寄せて


エリン・ディー・ガルシアの「Super Silhouette」は、一見シンプルに見える作品群で、静謐な印象を受けます。この展覧会は「静物」という言葉のあらゆる意味に細心の注意を払いながら、「静物」を包括的に探求しているように感じられるからです。


しかし、その一瞬を見逃すと、なぜ最小限の筆致でこれほど細部まで表現できるのか、なぜ花がただ佇んでいるのではなく、花瓶から飛び出してくるように見えるのか、疑問を抱かずにはいられなくなります。これらの「静物画」は一瞬を捉えているかもしれませんが、私たちの動きや時間に対する感覚を変えてしまうのです。


この展覧会の名前はそのヒントになるかもしれません。「Super Silhouette」はパワフルなレーシングカーのクラスで、ガルシアのこれまでの作品でもモータースポーツにちなんだものがありました。「Super Silhouette」では、その名の通り植物が動きとスピード感を持ちながら、逆説的に静止している様子を感じることができます。


― ライター / Jimmy Jolliff (https://jimmyjolliff.com)

LA拠点アーティスト・Erin D. Garcia(エリン・ディー・ガルシア)が、5年ぶりに東京での個展をDIESEL ART GALLERYにて発表。



DIESEL ART GALLERY(ディーゼル・アート・ギャラリー)では、2022年8月13日(土)から11月10日(木)まで、LAを拠点に活動するErin D. Garcia(エリン・ディー・ガルシア)による個展「Super Silhouette(スーパー・シルエット)」を開催します。


ガルシアは、ミュージシャン、プロデューサー、作曲家として数年間ツアーに参加した後、2012年に開催した個展からアーティストとしてのキャリアをスタートさせました。その後、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ロンドン、ベルリン、東京など世界各国で作品を精力的に発表してきました。

ガルシアが描く伸びやかなドローイングは、色とラインが何層にも重なる反復によりシェイプを表していきます。一見するとシンプルに見えるシェイプも、彼独自に調合した数々のカラーパレットと空間に対して大胆にストロークするプロセスにより常に予定調和を超えたものとして浮かび上がります。


本展のタイトルにある「Super Silhouette」は、彼が描くその超越するシルエットを示している一方で、かつて80年代後半〜90年に流行ったモータースポーツ用の改造車からインスピレーションを受けたものになります。「スーパー・シルエット」と呼ばれた車は、市販の量産乗用車のシルエットを残したまま、中身だけ競技に耐えうるよう無制限に改造するという美学を持っていました。これまでもガルシアは、個展のタイトルに「Grand Prix」や「Skyline」などカーレースに因んだ名前をつけてきましたが、そのスピード感のある力強い言葉のイメージから私たちがいま目の前で見るガルシアの作品を想像するまでには距離を感じるかもしれません。その想像のギャップは、例え可視化されたシルエットや手法が存在していたとしても、中身はとらわれることなく自由自在につくれるといったガルシアの制作スタイルそのものを表しています。今回発表される新作は、花、植物、果実など具象的なモチーフが度々登場し、静物画の構成を感じさせます。しかしそこに描かれる「静」は、まるで見た目と異なり速さを持った「スーパー・シルエット」のように、彼が扱う繊細な筆遣いにより、躍動した流れの一部を切り取った「静」にも感じられるのです。


本展覧会では、40点以上の新作の展示・販売をはじめ、アート・キャンディ・ショップ「パパブブレ」とのコラボキャンディが展覧会限定で販売されます。また「Super Silhouette」展を記念して、DIESELとコラボレーションによる商品や、展覧会限定の待ち受け画像のプレゼント企画も登場します。


「Super Silhouette」に寄せて


エリン・ディー・ガルシアの「Super Silhouette」は、一見シンプルに見える作品群で、静謐な印象を受けます。この展覧会は「静物」という言葉のあらゆる意味に細心の注意を払いながら、「静物」を包括的に探求しているように感じられるからです。


しかし、その一瞬を見逃すと、なぜ最小限の筆致でこれほど細部まで表現できるのか、なぜ花がただ佇んでいるのではなく、花瓶から飛び出してくるように見えるのか、疑問を抱かずにはいられなくなります。これらの「静物画」は一瞬を捉えているかもしれませんが、私たちの動きや時間に対する感覚を変えてしまうのです。


この展覧会の名前はそのヒントになるかもしれません。「Super Silhouette」はパワフルなレーシングカーのクラスで、ガルシアのこれまでの作品でもモータースポーツにちなんだものがありました。「Super Silhouette」では、その名の通り植物が動きとスピード感を持ちながら、逆説的に静止している様子を感じることができます。


― ライター / Jimmy Jolliff (https://jimmyjolliff.com)

BIOGRAPHY

<div class="module-11__title"></div>

Erin D. Garcia (エリン・ディー・ガルシア)

https://www.erindgarcia.com

https://www.instagram.com/erindgarcia


1979年生まれ、ミシシッピ州ジャクソン出身。ロサンゼルスに移住後、ハンドメイドのZINEを路上で販売し、フリーランスとしてStussyやAmerican Institute of Architectsのデザインを手がける。ミュージシャン、プロデューサー、作曲家として数年間ツアーに参加した後、2012年に初の個展を開催。その後、サンフランシスコとロンドンで個展を発表し、アメリカ・パームスプリングスでは初の大規模な壁画を制作する。これまでに、東京、香港、ベルリン、マイアミ、アトランタ、ニューヨーク、ロサンゼルスで展示を発表し、またパルスアートフェア、Facebook、Oakley、Stadium Goods、Adidas、Beams、United Arrows、Ace Hotels、Ginza Six、Vans、西武そごう、Moogのインスタレーションやプロジェクトにも参加している。

彼の作品は、植物や花、リズミカルな図形、カラフルなグラデーションで構成され、形、色、プロセスを楽しく探求し、私たちの抽象化能力と具体性を求める感覚的欲求が交差または対立する場所を探っていく。


個展

2019 “JET!”, Sandler Hudson Gallery, Atlanta, GA

2018 “Grand Prix”, HVW8 Gallery, Los Angeles, CA

2017 “Series A IV - Gradations”, SO1 Gallery, Tokyo, Japan 2016 “Series A III”, SO Gallery, Tokyo, Japan

2015 “Series A II”, SO Gallery, Tokyo, Japan

2014 “5 Shapes in 6 Colors”, HVW8 Gallery, Los Angeles, CA 2012 “Stacks,This Gallery”, Los Angeles, CA


二人展

2019 “Selections”, HVW8 Gallery, Berlin, DE (w/ Mark Gonzales)


グループ展

2015 “Milk and Honey: Contemporary Art in California”, Slow Culture, Los Angeles, CA 2013 “By Way of the South, Going Home”, Guerrero Gallery, San Francisco, CA

2012 “New Works”, Protein Gallery, London, UK


インスタレーション

2021 “Multi-color Banded Elements #3”, West Hollywood, CA 

2020 “Freefall #1-3”, Tokyo, JP

2019 “Transpartent #1”, Pacific Palisades, CA

2019 “Multi-color Banded Elements #2”, Los Angeles, CA 2019 “Vortex #1”, Century City, CA 

2019 “Color Plane Figures”, Mexico City, MEX

2018 “Large Gradients”, Phoenix, AZ

2018 “Large Gradient Repetition”, San Francisco, CA

2017 “Multi-color Banded Elements”, Venice, CA

2015 “Repetition of Elements on Black”, HVW8, Miami, FL

2014 “2-8-6, 2 Repetitions of 8 Elements in 6 Colors”,The Standard Hotel, Hollywood 2013 “22-4-5a & 22-4-5b”, HVW8, Miami, FL

2013 “Selections from 23 Pairs of Stacks in 4 colors”, New York, NY

2013 “Stacks #1000”, Ace Hotel, Palm Springs, CA

<div class="module-3__title"></div>

Large Gradient #8 - Acrylic on wood panel - 2021 ©Erin D. Garcia 

<div class="module-3__title"></div>

©Erin D. Garcia

<div class="module-3__title"></div>

Free Fall #1-3, Ginza Six Art Rambling, Tokyo, Japan - 2020-21 ©Jeremy Renault

<div class="module-3__title"></div>
<div class="module-3__title"></div>

Palm Leaf with Flowers #1-3 - Acrylic on canvas - 24” x 36” - with maple wood frame - 2021 ©Erin D. Garcia

<div class="module-3__title"></div>

Arrangement of Elements in 8 Colors Encino, CA 2016 ©Jake Michaels

<div class="module-3__title"></div>

Arrangement of Banded Multi-color Elements Venice, CA 2017 ©Erin D. Garcia

<div class="module-3__title"></div>
<div class="module-3__title"></div>

Grand Prix - HVW8 Gallery - Hollywood, CA 2018 ©Jake Michaels

DIESEL × Erin D. Garcia

<div class="module-11__title"><div class="pd-heading__container">








    <h3 class="pd-heading pd-h3-style pd-text-align-left pd-heading-small"  style='' >
         DIESEL &times; Erin D. Garcia
    </h3>
</div></div>

DIESEL × Erin D. Garcia

「Super Silhouette」展の開催を記念して、DIESELとErin D. GarciaのコラボレーションによるTシャツとフーディーが登場。


Tシャツ: ¥11,000(税込)

フーディー: ¥20,900(税込)

カラー: 白

サイズ: S / M / L

素材: シュープリームグリーンコットン

発売日: 2022年8月13日(土) 午前11時30分より販売開始

取扱店舗: DIESEL SHIBUYA、DIESEL 公式オンラインストア


*画像はイメージです。実際の商品とはデザイン・仕様が一部異なる場合がございます。

EXHIBITION GOODS

<div class="module-11__title"><div class="pd-heading__container">








    <h3 class="pd-heading pd-h3-style pd-text-align-left pd-heading-small"  style='' >
         EXHIBITION GOODS
    </h3>
</div></div>

展覧会のために作られた限定グッズを、店頭とオンラインで販売いたします。

ONLINE STORE

LIMITED WALLPAPER FOR SMARTPHONES

<div class="module-11__title"><div class="pd-heading__container">








    <h3 class="pd-heading pd-h3-style pd-text-align-left pd-heading-small"  style='' >
         LIMITED WALLPAPER FOR SMARTPHONES
    </h3>
</div></div>

会期中、DIESELの公式LINEの友達になると、「Super Silhouette」展限定の待ち受けをプレゼント。

GET WALLPAPER

INFORMATION

タイトル: Super Silhouette(スーパーシルエット)

アーティスト: Erin D. Garcia(エリン・ディー・ガルシア)

会期: 2022年8月13日(土)〜11月10日(木)

会場: DIESEL ART GALLERY

住所: 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti DIESEL SHIBUYA B1F 

TEL: 03-6427-5955

開館時間: 11:30-20:00 (変更になる場合がございます)

入場料: 無料

キュレーター: CALM & PUNK GALLERY(GAS AS INTERFACE)

制作協力: リキテックス

Web: https://www.diesel.co.jp/ja/art-gallery/erin_d_garcia

Online Store: https://dieselartgallery.stores.jp

Twitter: https://twitter.com/dieselart

展覧会ハッシュタグ: #erindgarcia #dieselartgallery 

CURATION

CALM & PUNK GALLERY(GAS AS INTERFACE)

https://calmandpunk.com

https://www.instagram.com/calmandpunkgallery


2006年に東京・西麻布 設立。国内外の新進気鋭からベテラン作家まで様々な展覧会を企画開催しています。絵画、彫刻、コラージュ、デジタルなど多種多様な表現方法を扱う縦軸と、コンテンポラリー・アートと様々な文化を行き来する横軸をもつ架け橋として存在していきます。ギャラリーを運営するGAS AS INTERFACE は、ファインアート、ファッション、グラフィックデザイン、ユースカルチャーなどの関連性が、緩やかに現在の姿に近づき始めた90年代に産声をあげたGASBOOKシリーズの出版社です。ギャラリーの姿勢は、このプロジェクトを背景に活動しています。

商品を削除しますか?

次の商品を買い物カゴから削除しますか?

Select language

日本語