FORTY YEARS OF PRIDE

Tom of Finland Foundation
JULY 12 - AUGUST 14, 2024
null


DIESEL ART GALLERY will present "People Have The Power" a solo exhibition by artist Nanae Mitobe from May 18th (Sat) to July 3rd (Wed), 2024.


“People Have The Power” is the 5th installment in Nanae Mitobe's popular series of exhibitions featuring works inspired by rock stars and musicians. Previous exhibitions titled "Rock is Dead", "War is not over", "Let's Have a Dream!" and "Sit-In" have focused on rock symbolism and the power of music.


“People Have The Power” will provide viewers with an opportunity to engage in deep thought about the power of individual people, the power of the collective, and the role art and music can play in social change.


In addition to the display and sale of new art, T-shirts and related goods produced in collaboration with DIESEL will be on sale at this exhibition.


CONCEPT 

The stars who have departed this world are often revisited and reconsidered in the news and social issues as eras change. Even absolute or universal authorities, norms, and doctrines shift. Since the rise of BLM, topics like gender, various races, and colonial history among minorities have become significant for Mitobe, who has always portrayed portraits.


In "People Have The Power", figures who fought against the Vietnam War, black discrimination, societal biases, and those who left significant marks in the pursuit of peace will emerge. Many of the works depicting these fighters indirectly portray images of media stars or celebrities, rather than directly drawing faces seen in the media. Thus, motifs as replicas through the media, such as magazine covers or record jackets, are depicted.


The venue is structured in red, symbolizing struggle and passion, with Mitobe directly applying "graffiti-like" paintings, creating an atmosphere intersecting Shibuya's street culture.


Installation pieces featuring DJ booths express nonviolent fights through music and art, scattering records and instruments, evoking scenes of fights or conflicts. While conveying dire situations at times, they can also carry positive messages standing with resisting individuals.


トム・オブ・フィンランド財団設立40周年を祝した特別展をDIESEL ART GALLERYで開催

トム・オブ・フィンランドの世界に浸ることができるVR作品「TOM House - The VR Experience」を日本で初披露



DIESEL ART GALLERY(ディーゼル アート ギャラリー)では、2024年7月12日(金)から8月14日(水)まで、トム・オブ・フィンランド財団による「FORTY YEARS OF PRIDE」展を開催します。


本展覧会は、ゲイアートのパイオニアであるトム・オブ・フィンランド財団の設立40周年を祝し、トム・オブ・フィンランドの象徴的な作品の展示に加えて、トム・オブ・フィンランドの世界に没入できるVR作品「TOM House the VR Experience」を日本で初披露します。


トム・オブ・フィンランドが描いた筋肉質で自由奔放な男性像は、当時の社会的な偏見に果敢に立ち向かい、多くの人々に勇気と自己表現の重要性を教えました。彼のアートはコミュニティの自信と誇りを高め、世界中のLGBTQ+ムーブメントに大きな影響を与えました。その影響は、フレディ・マーキュリー、アンディ・ウォーホル、ジャン=ポール・ゴルチエ、トム・フォード、ヘルムート・ラング、ロバート・メイプルソープ、ブルース・ウェーバーなど、多くのアーティストにも及びました。「FORTY YEARS OF PRIDE」展では、トム・オブ・フィンランドの作品が現代のアートシーンや社会的な意識に与える影響や、そのメッセージが人々の心にどのように響いているかを理解する機会を提供します。


この展覧会はディーゼルがサポートする「The 2024 Diesel x Tom of Finland Foundation Pride」プログラムの一環です。ベルリンのHalle am Berghain(ハレ・アム・ベルクハイン)でのトム・オブ・フィンランド・アート&カルチャー・フェスティバルから始まり、ニューヨークのファイヤーアイランドでの展示とパフォーマンス、ヘルシンキのプライドイベントに続いて本展覧会「FORTY YEARS OF PRIDE」展が開催されます。ディーゼルはこの取り組みを通じて、トム・オブ・フィンランド財団がアーティストコミュニティに自由と愛の開かれたユニークな空間を提供し、社会的・文化的に多大な影響を与えてきたことに感謝し、称賛します。


「FORTY YEARS OF PRIDE」展の会場では作品の展示・販売のほか、アーティストの関連グッズや2024 Diesel x Tom of Finland Foundation Prideカプセルコレクションも販売いたします。

Tom of Finland Foundation

null

Tom of Finland Foundation

https://www.tomoffinland.org

instagram @tomoffinlandfoundation


トム・オブ・フィンランド財団は1984年にダーク・デイナーとトム・オブ・フィンランドによって設立されたNPO法人です。財団の当初の目的は彼の膨大な作品目録を保存することでしたが、トム・オブ・フィンランドはホモエロティック・アートの巨匠として世界的に知られるようになりました。数年後には、性行為や性的反応を引き起こす芸術に対する差別が横行したため、すべてのエロティック・アートを安全に保管するための避難場所を拡大しました。今日、トム・オブ・フィンランド財団は一般の人々への啓蒙活動を続けています。エロティック・アートの文化的なメリットを伝え、性に対してより健康的で寛容な理解を促進します。

Tom of Finland

null

Tom of Finland


トム・オブ・フィンランド(本名: Touko Laaksonen トウコ・ラークソネン)は、1920年5月8日にフィンランドで生まれ、1991年11月7日に71歳で亡くなりました。彼はゲイカルチャーとアートシーンに革命をもたらし、ホモエロティックな作品で世界的に知られるようになりました。


幼少期と教育

トウコは教師の両親のもとで育ち、幼少期から音楽、文学、アートに親しみました。彼はピアノを演奏し、コミックを描くことに才能を示しましたが、一方で筋肉質な労働者や農夫たちに強く惹かれていました。その情熱と才能は、後に彼の作品に反映されることとなります。


戦時中の経験

第二次世界大戦中、トウコはフィンランド軍に従軍し、対空部隊に配属されました。戦時中に出会った軍服を着た男性との経験が、後の作品に大きな影響を与え、独自の視点と深みをもたらしました。


アーティストとしてのキャリア

戦後、トウコはシベリウス音楽院で音楽を学びながら、広告の分野で働きました。1956年、彼の友人の勧めでアメリカの雑誌『Physique Pictorial』に作品を投稿し、1957年春号の表紙を飾ることとなりました。この時から「Tom of Finland」の名前で知られるようになり、国際的な注目を集めました。


エロティック・アートと国際的な評価

1970年代に入るとトムのエロティック・アートは広く認知されるようになり、広告の仕事を辞めてアートに専念できるようになりました。1973年には初めて作品だけで生計を立てるようになり、1976年に初の個展を開催しました。これ以降、トムは国際的なゲイアイコンとしての地位を確立し、その作品は世界中の主要な美術館に収蔵されています。


影響と遺産

トム・オブ・フィンランドの作品は、ゲイ男性の強さ、誇り、そしてセクシャリティのオープンな表現を強調しており、ゲイコミュニティの自己認識と自信を高めました。彼の作品は、ヘルシンキ現代美術館、ロサンゼルス・カウンティ美術館、ニューヨーク近代美術館など、世界中の主要な美術館に収蔵されています。


Photo: JACK SHEAR Tom at TOM House (Los Angeles), 1984

TOM House - The VR Experience

null

TOM House - The VR Experience

https://www.donkeyhotel.fi/tomhousevr


「TOM House - The VR Experience」は、トム・オブ・フィンランドが人生の最後の10年間を過ごしたロサンゼルスの住居を体験できるドキュメンタリーVR作品です。この家には、トム自身や彼に影響を受けた人々の作品、貴重な写真や未完成のドローイングがあり、トムの芸術を深く理解することができます。

VIEW ARTWORKS

null

TOM OF FINLAND Leather Duo, 1963/2011, Fine art print, © 1963 Tom of Finland Foundation

null

TOM OF FINLAND Leather Geared, 1987/2007, Fine art print, © 1987 Tom of Finland Foundation

null

TOM OF FINLAND Bon Voyage, 1986/2011, Fine art print, © 1986 Tom of Finland Foundation

null

TOM OF FINLAND Untitled, 1986/2011, Fine art print, © 1986 Tom of Finland Foundation

2024 Diesel x Tom of Finland Foundation Pride Capsule Collection

ディーゼルとトム・オブ・フィンランド財団の3度目のコラボレーションによる「プライド2024コレクション」。
表現の自由、セクシュアリティ、個人主義というメッセージを増幅させた、すべてのジェンダーに向けたカプセルコレクションです。
トム・オブ・フィンランド財団が所蔵するエロティックでクィアなアート作品がTシャツ、デニムといったジェンダーレスなアイテムに命を吹き込みます。

EXCLUSIVE WALLPAPER@LINE

会期中ディーゼルの公式LINEの友達になると、「FORTY YEARS OF PRIDE」展限定の壁紙をプレゼント。


ダウンロード期間: 2024年7月12日(金)-8月14日(水)

GET WALLPAPER
null

DIESEL ART GALLERYでは、展覧会のために作られた限定グッズを、店頭とオンラインで販売中。

ONLINE STORE

INFORMATION

タイトル: FORTY YEARS OF PRIDE

アーティスト: Tom of Finland and friends

会期: 2024年7月12日(金)- 8月14日(水)

会場: DIESEL ART GALLERY

住所: 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti DIESEL SHIBUYA B1F

TEL: 03-6427-5955

開館時間: 11:30-20:00

入場料: 無料

協力: Donkey Hotel Ltd. / Peachy Kings / 株式会社ビーライズ / 株式会社 堀内カラー / AKIHIRO NAKAMURA FRAME OF MIND

後援: フィンランド大使館

Web: https://www.diesel.co.jp/ja/art-gallery/tom_of_finland_foundation

Online Store: https://dieselartgallery.stores.jp

X: https://twitter.com/dieselart

展覧会ハッシュタグ: #tomoffinlandfoundation #ToFF40 #dieselartgallery

 

*本展覧会では性的表現を含む作品が展示されております。これらの作品は現代社会の多様な側面を反映していますが、そうした表現に不快感を抱かれる方は、入場前にご了承いただきますようお願い申し上げます。また、VR作品につきましては、ギャラリースタッフによるIDチェックを実施し、18歳未満の方の鑑賞をお断りしております。

検索

商品を削除しますか?

次の商品を買い物カゴから削除しますか?

検索

検索

Select language

日本語

検索

検索

Diesel S.p.A. will be able to process identifiers, biographical data, and contact and sales data for advertising activities on the social networks to which I am subscribed or sending advertising or direct sales material, carrying out market research, sending commercial promotions and discounts reserved to customers, commercial information - possibly also customized - with automated contact methods (email, newsletters, SMS, MMS, messaging platforms, etc.) and traditional contact methods (mail).
We remind you that by joining the D: CODE, if you do not give the marketing consent, you will not receive any promotional communications but you will receive service communications concerning benefits to which you are entitled due to your registration to the Loyalty Program.
You can at any time withdraw your consent to receive the above-mentioned communications by clicking on the appropriate option in each email received, as well as by writing to the address privacy@diesel.com or otherwise contacting Diesel S.p.a. at the addresses indicated at paragraph 1 of the information notice.

検索

{ "action": "Page-CustomerExperience", "queryString": "", "locale": "ja_JP" }