<div class="module-3__title"></div>

Style 01

Makoto Hasegawa

Dancer


長谷川 慎

(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

Instagram: @makoto.hasegawa.official


ダンサー、俳優。小学生の頃よりダンスをはじめ、2011年より「GENERATIONS」のサポートメンバーとして活動をスタートし、14年に「THE RAMPAGE」の正式メンバーに選ばれる。パフォーマーとしての活動以外にも、テレビドラマや映画、舞台に出演するなど俳優としても活躍。

<div class="module-3__title"></div>
<div class="module-3__title"></div>

グループとしての幹が

どんどん

太くなっている。


ーファッションは好きですか?

長谷川:もともとスケーターのファッションが好きで、最近はテック系の服が気分ですね。〈ディーゼル〉は昔、雑誌にモデルとして出たときに着させてもらったことがあります。大人っぽい服であったり、ストリート感のある服もあるし、そういう振り幅が魅力のブランドだと思いますね。


ーデニムは穿きますか?

長谷川:こういう撮影で穿くといつも新鮮な気持ちになります。ちょっと大人っぽいというか、まだまだ自分には穿きこなせないなって思っちゃうというか。いつかカッコよく穿けるようになりたいですね。


ー「ディーゼル ライブラリー」の服はどうですか?

長谷川:普段、自分がしないスタイリングなので、新鮮な感じです。デザインがシンプルだし、格好いいですね。


ー長谷川さんは2014年に「THE RAMPAGE」のメンバーになられて、いまは役者もやられてますよね。表現者として、それぞれの活動で考えることや意識することに変化はありますか?

長谷川:「THE RAMPAGE」でいるときはメンバーも多いからファミリー感があるんです。だけど役者になるとひとりじゃないですか。だから自分の力が試されるというか、「THE RAMPAGE」のときとは違う緊張感がありますね。グループでは得られない経験ができたり、学びも多いんです。それが表現力に繋がって、グループの活動に還元されるのを感じています。


ーグループの中でも存在感が増していくような。

長谷川:そうですね。みんな自分たちのやりたいことをやっていて、それぞれが経験を積むことで、グループとしての幹がどんどん太くなっていくのを感じているんです。今年でデビューから5周年を迎えて、メンバーになった頃はまだ10代だったけど、振り返ってみるとやっぱり成長しているなと感じますね。

WEARING ITEMS

Try it on AR
Try it on AR
Try it on AR
Try it on AR
Try it on AR
Try it on AR
Try it on AR
Try it on AR

商品を削除しますか?

次の商品を買い物カゴから削除しますか?

Select language

日本語