2017.2.14│ CAMPAIGN LIFESTYLE

MAKE LOVE NOT WALLS DIESELが発信する、SS17広告キャンペーン

いよいよSPRING SUMMER 2017の広告キャンペーンがスタートします。これまでも広告を通じて数々のメッセージを発信してきたDIESEL。今シーズンのテーマは“障壁を壊す愛”。「MAKE LOVE NOT WALLS(壁を築くのではなく、愛を育もう)」と名付けられたキャンペーンには「私達の間に精神的にも物理的にも立ちはだかる壁を取り壊そう。結束と愛という名のもとでひとつになろう」そんなメッセージが込められています。
 
 
Print
 
 
「DIESELは、憎しみというものに対して強く反対の意を唱えています。そして、これまで以上に世界中の人たちにそのことを知ってほしいと願っています。愛と共生は、僕たちみんながそこで暮らしたくなる社会、そして僕たち全員にとってふさわしい未来を創造する上で、不可欠なものなのです」とアーティスティック・ディレクターのニコラ・フォルミケッティは説明しています。
 
今回のキャンペーンの指揮を務めたのは、ダイバーシティ(多様性)や世界中の人たちの権利に熱心に取り組んでいる、アメリカを代表するアーティスト兼フォトグラファー、デビッド・ラシャペル。フォルミケッティとともに手がけた広告や動画を通じ、文字通り壁をぶち壊します。
 
 
Print
 
 
「キスをする2人の船員をフィーチャーした、1995年のデビッド・ラシャペルのキャンペーン以来、現在に至るまで、DIESELは常に限界を押し広げ続けてきましたし、これからもそうし続けます。私たちは、恐怖心が原因で世界にさらに多くの壁が築かれ、世界が隔てられていこうとしているこの瞬間に、壁を壊すための鉄球を手にする必要があるのです」。DIESELの創始者、レンツォ・ロッソはこのように語っています。
 
今回のキャンペーンを象徴するのがレインボーカラーのインフレータブル・タンク。戦争の道具という本来の目的を失ったタンクが希望の象徴として生まれ変わりました。かつては断絶のために使っていたマシーンを今、団結のために用いるのです。
 
 

 
 
特設サイトはこちら
 
全ての広告を見る

RELATED PRODUCT