デニムキャンペーンがスタート!

2/10(土)よりキャンペーンスタート。
対象のデニムアイテムをお買上げの方に
Tシャツやバッグなど、
さまざまなグッズに貼り付けて
パーソナライズが楽しめる
"DIYスクラッチロゴ"をプレゼント

詳しくはこちら >

DIESELからのメッセージは、完璧ではないからこそ魅力がある。
ブランドメッセージが込められたショートムービーを公開。
世界を不完全なままに。
毎シーズン、世の中の風潮に対して強いメッセージを投げかけるDIESELの広告キャンペーン。昨シーズンに続き「GO WITH THE FLAW」をテーマにブランドのメッセージを込めた動画を制作。SNS映えなど完璧さを求める世の中の流れに対して、人生の不完全さを受け入れ、誇りを持って不完全さをポジティブな魅力に変えていこうと呼びかけます。

DIESELが送り出すショートムービーは「GO WITH THE FLAW」のロマンス。若い男女がそれぞれ自分の不完全さを直そうと決意した直後に出会って恋に落ちるというストーリーです。今回のショートムービーも昨シーズンに続き監督はフランソワ・ロスレー。スモール・フェイセスの「What’s a matter baby」が流れる中、不完全なままでいることの魅力を表現します。

世界はいつも完璧を目指している。でも完璧なものは退屈。完璧さより、不完全でありのままの美しさを受け入れよう。それこそが個性だから。

ショートムービーでは、2018年春夏コレクションが披露され、90年代のムードを取り入れたオーセンティックなアイテムが登場します。これは、自己表現のためにつくられたコレクションで、自分だけのユニークなスタイルを生み出します。

ショートムービーに隠されたメッセージにも注目

このショートムービーにはある仕掛けが。動画をよくみると「GO WITH THE FLAW」のタイトルと連動して、不完全なままでいることを推奨する隠しメッセージが存在します。これはイースター・エッグと呼ばれるビデオゲームなどでしばしば使われる手法で、ジョークで入れた隠し機能のこと。動画には3つのサイト(@wantedsocks、www.bluffet.com、www.layover.it)が隠しメッセージとして写っており、実際にこれらのサイトにアクセスするとDIESELらしいアイロニーがつまったコンテンツが展開されます。

洗濯の度にちぐはぐになる靴下。 ここでは靴下が左右揃わなければ、別々の靴下をはいて、新しい組み合わせを楽しもうというメッセージを発信します。
Instagramのスター、ショーン・ロスとミランダ・マカロフによるミックスアンドマッチな提案も必見です。
ショートムービーの中で恋人たちがファーストキスをする場面に出てくるレストラン名、Bluffet。
架空のレストランですが、動画に出てくるサイト(www.bluffet.com )にアクセスすると二日酔いなど完璧ではない状態の時でも楽しくつくれる特別なレシピを用意しています。またこのレシピは、米国のBuzzFeedが運営するTastyとのコラボレーションにより制作されました。
www.layover.itというユニークな旅行代理店にアクセスすると、最長のフライト検索で予約することができます。
乗り換え回数が多いプランの良いところは、1回の旅で何度も旅をすることができ、それも世界を発見する一つの方法なのですから。
キャンペーン画像の撮影はFlorence & Nicholas、キャンペーンのコンセプト制作はクリエイティブエージェンシーのPublicisが手がけました。
CREDITS:
Diesel artistic director for this campaign:
NICOLA FORMICHETTI

VIDEO CAMPAIGN
Director: FRANÇOIS ROUSSELET

VISUAL CAMPAIGN
Photographer: FLORENCE & NICHOLAS
Agency: PUBLICIS ITALY

キャンペーン画像の撮影はFlorence & Nicholas、キャンペーンのコンセプト制作はクリエイティブエージェンシーのPublicisが手がけました。
CREDITS:
Diesel artistic director for this campaign:
NICOLA FORMICHETTI

VIDEO CAMPAIGN
Director: FRANÇOIS ROUSSELET

VISUAL CAMPAIGN
Photographer: FLORENCE & NICHOLAS
Agency: PUBLICIS ITALY